walk walk walk...
by emicoucou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
その他のジャンル
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
”国民休暇県・高知”
a0062793_20515981.jpg11月21日から24日の日程で、高知県は主に四万十市から宿毛市、土佐清水市、足摺岬方面を巡り、高知市も少し・・・という旅をしました。
レンタカーで走り回っていると、国民休暇県・高知という文字を何度も目にするのですが、最終日にはその言葉の意味が理解できたように思います。胃袋を中心に、心も身体もリフレッシュされました。





a0062793_10223284.jpg海は特に好きですが、もともと水のある場所に心が静まると感じることもあり、TVや映画などで観る”四万十川”に憧れに似た気持ちを抱いていました。訪れた人の中には「何も無い、ただの川」という表現を使う人もいるようですが、わたしは深呼吸とともに感激しました。水道の水がおいしいのも嬉しかった。


a0062793_10303660.jpg川に山に木々に・・・とくれば、鳥が食事にくる場所ということで、朝8:30頃の四万十川には鳥の合唱が響いています。都会のスズメがひとつの木に狂ったように群がるのとは違い、耳心地が良かった。


a0062793_1036287.jpg”足摺岬”という名前から絶壁をイメージしていたところ、そんな険しい場所ではなく、黒潮の影響もあるのか?気候も風土も穏やかな雰囲気が流れており、ずいぶん長居しました。


a0062793_10415399.jpg岬から少し移動し、記念物の化石蓮痕を通り海底展望館へ。昭和47年頃に出来たそうで、正直なところ何も、全く、期待していませんでした、900円という入館料もどうなの?とブツブツ言っていたのはわたしです。


a0062793_10475168.jpg

ところが、ビックリ階下へ降りると、こんなふうに海底を観ることができるんですね。この日の透視度は10mとのことで、スキューバダイビング気分。しかも、魚の多さにも驚きましたが、海底の地層やサンゴの赤ちゃんも見ることができ、900円の価値あります。足摺岬へ行かれた際には是非どうぞ。


*************


旅の間、魚ばかり食べて飽きないだろうか・・という心配をヨソに飽きるどころか美味しくて再び訪れたい土地としてわたしの中に刻まれました。食べるときというのは、写真を撮り忘れるのが常です。しかし、これを食べるために高知へ足を踏み入れたといっても過言ではない・・・


a0062793_10583814.jpg
四万十のうなぎ。東京へも卸しているという店で1380円のうな重をいただきました。東京だと・・・2倍の値段がつけられるんだろうな。これだけは写真におさめましたよ。
養殖と違うのはもちろん、美味い美味い美味い!!


a0062793_115168.jpg

ほら、ごはんにのっている鰻の大きさ、お分かりいただけるでしょうか。何度も言うけど、養殖じゃな~い!

ところで、今回の旅で食べた魚は・・・


きびなご
クエ

・・・
といったところ。ほかにも、貝、海老、あおさ、とね。皿鉢料理は豪華で、皿にのっているものは全部食べられる欲張りなわたし向きでございました。

番外編で、大好きな”いもけんぴ”は、あおさがちりばめられたものが意外(?)に美味しくて、発見モノでした。

旅の感想、ひとつにまとめようと思いつつ書き始めてみると、まとめきれませんでした。
アルバム代わりなもんで、ちょいと旅ネタつづきます・・・
[PR]

by emicoucou | 2007-11-26 10:25 |
<< 夕日 長閑 >>
 
画像・文章等の無断使用・無断転載はご遠慮ください。 ©2005 - 2012 La vie est belle by emicoucou